健康的な歯に

健康的な口元は歯と歯茎の美しさが揃ってこそ

審美歯科といえばホワイトニングなど歯を白く見せる治療がよく知られています。白く輝く歯は清潔感にあふれ、他人にも好印象を与えます。 ただ、口元の印象は歯の白さだけで決まるものではありません。歯茎の色も同じく重要なポイントです。せっかく歯を白くしたとしても歯茎が不健康そうに見えたら、せっかくの好印象も割り引かれてしまいます。そのため審美歯科では、歯茎に対する審美治療もメニューの中に取り入れています。 歯茎に対する審美治療はガムピーリングあるいはガムターンオーバーなどと呼ばれています。いずれも歯茎の黒ずみを解消するための治療です。料金は自費診療のためクリニックごとにまちまちですが、おおむね8,000〜20,000円程度が平均的な相場です。

特殊な治療法で歯茎の黒ずみを解消

歯茎の黒ずみにはいくつかの原因がありますが、代表的なのはメラニン色素の沈着です。喫煙や食物によって刺激された歯肉にメラニンが溜まり、歯茎全体を黒く見せてしまうのです。 審美歯科では、これをピーリングによって解消します。ピーリングとは特殊な薬剤を歯茎の表面に塗って古い細胞を取り去り、新陳代謝を促して新しい健康な細胞に取って代わらせるという治療方法です。美容皮膚科において顔のシミやそばかすなどを除去するためにケミカルピーリングという治療を行うことがありますが、基本的な原理はほぼ同じです。細胞のターンオーバーにつれて元のピンク色の歯茎がよみがえります。審美歯科専門のクリニックでは、薬剤を塗るほかにレーザーを使って治療するところもあります。

Copyright © 2015 自分の歯は自分で守るしかない、正しい歯科知識を持とう All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com Images from: http://wallpaperswide.com www.photorack.net